美容皮膚科における肝斑治療

肝斑とは、頬や額などに左右対称に広がる淡褐色のシミです。

通常はまぶたにできることはないので、下まぶたが白く、眼鏡をかけているように見えるのが特徴です。

20代後半から40代の女性に圧倒的に多くみられます。

大阪の肝斑治療について調べるなら、こちらをご覧ください。

肝斑という名前の由来は、肝機能の障害からくるシミというわけではなく、シミの色が肝臓の色に似ているところからきています。

肝斑の発症原因は、女性ホルモン(黄体ホルモン)や心理的要因(ストレス)、紫外線、妊娠、皮膚への過剰摩擦によるバリア機能の破壊、不規則な生活(睡眠不足)といったものが挙げられますが、今のところ根本原因がよくわかっていないため、しみ治療の中でも最も難しい部類とされています。
また、生理周期により色の濃淡が変化することもあります。


美容皮膚科における肝斑治療の方法としては、その症状により、レーザー治療、光治療、塗り薬、美容点滴、内服薬などを複合的に選択しおこなわれます。

刺激により、肝斑が悪化することもあるため、一人一人に合った肝斑治療を時間をかけて丁寧におこなうことが重要です。

特に、肝斑治療は他のタイプのシミとは治療法が異なり、美容皮膚科などで医師の診断を受けてから治療をしないと、濃くなる可能性が高くなります。

あなたのご要望に応えるGirls Channelの情報を集めました。

一般的に肝斑治療に関しては、高出力のレーザー治療は肝斑を余計に刻する可能性が高いため有効ではありません。トラネキサム酸内服治療でメラニン色素の生成を抑えて色を薄くし、ターンオーバーを促して色素を排出するのが有効とされています。